お中元夏ギフトを贈るときのマナーについて

旧暦では、7月15日のことを「中元」と言います。

 

昔は、ご先祖様にお供え物をしたり、親戚や身近な方への贈り物をするという風習があったのです。

 

 

 

その風習が「お世話になった方へ感謝の気持ちを込めて贈る贈り物」として、少しずつ形を変えて現代風の『お中元』となりました。

 

感謝の気持ちを伝えるお中元があることは、日本人として誇らしいことだと思いますね。

 

人はお互いに支えあって、生きていくのですから。

 

 

 

ちなみに、喪中の際にも御中元ギフトは贈っても問題ありません

 

ただし、四十九日を過ぎていない場合は贈り物をしないのがベターですね。

 

 

お中元を贈る時期ですが、地域によって前後してきます。

 

そこで、日本全国のお中元を贈るのに、適正な時期についてご紹介していきたいと思います。

 

地域ごとのお中元を贈る時期

北海道は7月15日〜8月15日までに贈るのが一般的ですね。

 

8月16日を過ぎてしまった場合は、残暑見舞をして贈ると良いと思います。

 

 

 

関東・東北・沖縄は7月初旬〜7月15日までに贈るのが一般的です。

 

7月16日以降は、残暑見舞いとして贈るのが良いですね。

 

 

 

関西・東海・中国・四国は7月15日〜8月15日までに贈るのが一般的です。

 

8月15日を過ぎたら、残暑見舞いをして贈ると良いでしょう。

 

 

 

九州地方は8月初旬〜8月15日までと他の地域に比べてお中元を贈る時期がやや遅いのが特徴ですね。

 

こちらも8月16日を過ぎたら、残暑見舞いとして贈った方が良いかと思います。

 

 

以上でご紹介したお中元を贈る時期ですが、最近では6月から贈る方も増えてきています

 

失礼がないようであれば、多少前後してしまってもそれほど神経質に考えることはないと思います。

 

僕もそれほど深くは考えていません。

 

 

 

両親、兄弟、親戚、上司、お取引様、恩師、同僚、友人など、お世話になった方には忘れずにお中元夏ギフトは贈っておきたいですね。

 

僕も毎年、たくさんの方にご贈答していますよ。

 

中でも、お肉のギフトを贈ることが多いです。

 

 

 

高級米沢牛肉専門店のさかの高級松坂牛専門店のやまと美味しい但馬牛・三田和牛専門店のミートマイチク和牛ギフト専門店の肉贈など、魅力的な肉通販店がたくさんありますからね。

 

 

 

こちらのお店のお肉はとっても美味しいですし、価格も高級ブランド牛とは思えないぐらいリーズナブルです。

 

熨斗(のし)にも無料で対応してくれますしね。

 

 

 

お中元に使用する熨斗についても、最適なモノを使ってお届けしてくれます。

 

ちなみに、お中元に使う熨斗は「水引 紅白の蝶(花)結び」が一般的です。

 

 

 

ただ、肉、魚などの生モノや先様が喪中の場合は熨斗を付けなかったりする場合もあります。

 

喪中のお中元ギフトを贈るときだけは、使用する熨斗に注意したほうが良いですね。

 

 

 

喪中の場合は、水引ではなく、無地の熨斗または無地の短冊で贈るのがマナーです。

 

表書きはシンプルに「御中元」とだけ書いてあれば問題ありません。

 

 

 

 

お肉ギフトトップへ戻る

お中元夏ギフトを贈るときのマナーについて関連ページ

敬老の日のギフトマナー
お肉のギフトは受け取った方が思わず、笑顔になってくれる『最高級の贈り物』。僕が昔から今でも利用させていただいている高級ブランド牛肉通販ショップをご紹介します。
お歳暮ギフトを贈る際のマナーについて
お肉のギフトは受け取った方が思わず、笑顔になってくれる『最高級の贈り物』。僕が昔から今でも利用させていただいている高級ブランド牛肉通販ショップをご紹介します。