お肉の焼き加減と種類について

お肉(ステーキ)の焼き加減の種類は、なんと10種類もあるんです!

 

焼き方として、「レア」「ミディアム」「ウェルダン」が有名ですが、この他に7種類もの焼き加減があることになります。

 

では、他にどんな焼き方があって、どんな状態のステーキのことを指すのか

 

そのことについて紹介していきたいと思います。

ロー

ローは、まったく火が通っていない状態のことを指します。

 

完全に生なので、これが「ステーキの焼き加減」に入るのか?と言われたら困ってしまいます(汗)。

 

僕は、ローの状態のお肉をこれまで食べたことはありません。

 

おそらく、肉通の方でも食べた経験がある方は少ないと思われます。

 

 

 

ブルー

こちらも聞いたことがほとんどない焼き加減だと思います。

 

焼き加減は、ほんの少しだけ(数秒ほど)焼いた程度です。

 

 

 

ブルーレア

「ブルーレア」あたりまでくると、聞いたことがあるという方がいるかもしれないですね。

 

数十秒ほど焼いた状態なので、「ロー」や「ブルー」と比べるとだいぶ火が通った感じになります。

 

 

 

レア

ココでようやく聞きなれた「レア」の登場です!

 

レアは、お肉の周りは焼けていて、中は生の状態の焼き加減をいいます。

 

 

 

ミディアムレア

ステーキの焼き加減のちょうど真ん中に位置するのが「ミディアムレア」です。

 

こちらは、レアとミディアムの中間を指す焼き具合になります。

 

 

 

ミディアム

程よく火が通っていて、切ったお肉の中心がピンク色に近い状態なのが「ミディアム」になります。

 

僕が一番好きな焼き加減です。

 

柔らかい和牛のステーキだと、塩胡椒だけで十分美味しくいただけます

 

 

 

ミディアムウェル

「ミディアムウェル」はあまり聞きなれない焼き加減かもしれないですね。

 

こちらは、「ミディアム」と「ウェル」の中間にあたる焼き具合のことを言います。

 

 

 

ウェル

「ウェル」は聞いたことがあるようでないような名称ですよね。

 

こちらは、良く耳にする「ウェルダン」よりも少し火が通っていない状態を指します。

 

お肉の焼き加減って奥が深いです…(^_^;)

 

 

 

ウェルダン

「ウェルダン」は中まで良く火の通った状態の焼き加減ですね。

 

「ウェルダン」までくると、肉質が少し硬くなり、美味しさの源である肉汁も逃げやすくなってしまいます

 

飲食店、高級レストラン、一流ホテルのプロのシェフのウェルダンは絶品ですけどね。

 

 

 

ベリーウェルダン

ウェルダンよりもさらに焼いた状態なのが「ベリーウェルダン」です。

 

赤身も肉汁もまったくない状態ですね。

 

僕が以前、家庭でステーキを焼いて焼きすぎてしまった時の状態が「ベリーウェルダン」だったのかもしれません(汗)。

 

 

ステーキの焼き加減に失敗はない!

以上がステーキの焼き加減・焼き方の全てだと思います。
生肉の状態である「ロー」からまんべんなく焼いた「ベリーウェルダン」まで様々な焼き方があるんですね。

 

 

つまり、「ちょっと生だった」とか「焼きすぎたかな」と思っても、それは10通りある焼き加減のいずれかになっているんですね。
それを突き詰めると、「ステーキの焼き加減・焼き方に失敗はない」ということが言えると思います。

 

 

お肉ってホントに奥が深いですね。